Matsuki Valley

05 4.3 [5~]
Japan,
〒321-1501
Tochigi-ken,
Nikkō-shi,
Ashiomachi,
足尾町愛宕下
Google MAP
0288-93-3111
2018.07.05(2 weeks ago)Ohshima Yasuhiro
明治20年4月8日、当地で春に恒例の畦焼きが行われた。当日は足尾特有の強風が吹き荒れていたが、赤飯用のもち米を浸して準備してしまったとの理由から、注意して、ということで決行されたという。 畦に点火された火は間もなく強風に煽られて延焼飛び火し、大火事となって南下していった。 松木川左岸から広がり、松木、久蔵集落、そして赤倉、間藤を一切合切消失した。 龍蔵寺は全焼し、寺宝や古くからの記録も消失した。 その後炎は右岸にも飛び火し、高原木から直利橋(現在の古河橋)は焼け落ち、精錬所分局も燃えた。 現在松木村は廃村となっている。集落には一部の墓石を残すのみで、地元有志や建設省が荒れ果てた周辺の山肌の修復を続けている。
2018.04.16(3 months ago)K M
かつては鉱山の公害で裸の山になりましたが、少しずつ元の自然に戻りつつあります。鹿等の動物達も見受けられます。しかし、折角の景観美なのに、道路は麓迄しか整備されてなく、松木ジャンダルム等の綺麗な景色を見ようと思うと一時間も歩きます。しかも足元も悪いです。時折右の斜面からの落石も有ります。落石といっても米俵位のが落ちてくるときも有ります。当たったら死にますね。もう少し整備して付近の山の景色を手軽に見れたら良いのにと思います。 銅山観光と共に蘇りつつある自然を散策出来てこそと思いました。
2018.05.05(2 months ago)initial T
親水公園から100mほどの所で、車両通行止めのゲートが有ります。歩行者のみ通行可能なので、そこからは単純に歩くしか有りません。ゲートから200mほど先に鉄橋があり、沢を渡ってひたすら登って行きますが、どう考えても登山装備必須です。ハイキング程度と舐めて普段着で向かうべきではないです。橋まで行って見ましたが、予備知識を持たずに訪問した為、軽装、しかもから手では無理と悟って引き返しました。次回は、良くも悪くも公害のお陰で出来たであろうグランドキャニオンと呼ばれる所まで行こうと思います。
2018.06.09(a month ago)Masao Shimizu
此の風景を見ると足尾の辿った‼️諸々の歴史が見える様な気がする、其処に生きた人達の喜怒哀楽 皆さん宜しかったら足尾町史を読んで下さいませm(__)mいつも沢山の皆さんに見て頂きありがとうございます、感謝感激ですよ😀
2017.11.17(8 months ago)Masahiro Nakazato
徒歩なら奥まで行けます。バイク・車は不可 絶景が楽しめます
K M
K M
kanmanfuchi
NIKKO SHI TOCHIGI 714-0101 Japan
4.6
Home Page
suishagoya
NIKKO SHI TOCHIGI 324-0031 Japan
4.0
Home Page
ioritaki
NIKKO SHI TOCHIGI 689-4424 Japan
-
senjouhara
NIKKO SHI TOCHIGI 389-2257 Japan
4.4
Home Page
senno湖
NIKKO SHI TOCHIGI 018-2101 Japan
5.0